ピルの効果をご存知でしょうか?日本ではまだまだピルに対しての理解が少ないため服用されている女性が海外に比べると少ないです。まだピルに関して知らない女性のために当サイトではピルの効果などを詳しくご紹介していきます。

ピルの役割と使い方

ピルの役割の第一は、女性主導型の避妊です。
妊娠を望まない場合、パートナーの協力がなくても、自分の意思で避妊することができます。
避妊の場合の使い方は、21錠タイプと28錠タイプのいずれも、生理の1日目から毎日1錠ずつ同じ時間に飲みます。
21錠タイプは、1シート飲み終えたら、7日間休んで次のシートに移ります。
28錠タイプは、シートの最後の7錠が偽薬なので、1シート飲み終えたら続けて次のシートに移ります。
シートには数字が記載されていますので、順番通りに飲むよう注意します。
生理の開始日から服用した場合には、初日から避妊効果がありますが、飲み始めが遅れた場合には、最初の1週間は他の避妊方法と併用します。
ピルは、生理日の移動にも使えます。生理を早めたい場合には、生理が始まって5日目から生理を避けたい日程の2週間前まで、1~2週間ピルを服用します。
服用中止後、数日で生理が始まります。避けたい期間にピルを飲む必要がないのがメリットです。
生理を遅らせたい場合には、生理予定日の7~10日前から、生理になりたくない期間中服用します。
きちんと服用すると、ほぼ確実に遅らせることができます。
生理日の移動に使う場合には、避妊効果は期待できませんので注意してください。
ピルは、月経困難症の治療に使われることもあります。月経痛の原因は、子宮を収縮させる作用のある物質です。
この物質は子宮内膜で作られるのですが、ピルは子宮内膜を薄く維持する働きがあるので、月経痛が軽減します。
また、子宮内膜の量が減れば経血の量も減り、貧血も改善されます。
この場合の服用方法は、通常は避妊目的の場合と同じように服用しますが、医師の指示に従ってください。

サイト内検索
アーカイブ