ピルの効果をご存知でしょうか?日本ではまだまだピルに対しての理解が少ないため服用されている女性が海外に比べると少ないです。まだピルに関して知らない女性のために当サイトではピルの効果などを詳しくご紹介していきます。

  • ホーム
  • たばこを吸う人がピルを使うならクリニックで要相談

たばこを吸う人がピルを使うならクリニックで要相談

ピルの処方でクリニックを受診した場合、たばこを喫う人は処方してもらえないケースもあります。
これは、ピルユーザーが喫煙すると、血栓症のリスクが上がるからです。
血栓症は血液のかたまりが出来て血流を妨げ、それより先の細胞が壊死したり機能しなくなる病気で、命に関わることもあります。
血栓症には、静脈血栓症と動脈血栓症があり、それぞれ卵胞ホルモンと黄体ホルモンが関係していると言われています。
ピルの服用で起こるのは主に静脈血栓症で、動脈血栓症の方はまれです。ピルに含まれる卵胞ホルモンが血液を凝固しやすくし、量が多いほどリスクが上がります。
ただし、長期服用しても血栓症リスクが上がるわけではなく、発症する場合は、ほとんどが1年以内です。
たばこを喫うと血液の凝固がさらに促進され、血栓症のリスクが高くなります。この他、肥満の人、高年齢の人もリスクが高まります。
このため、35歳以上で1日に15本以上のたばこを喫う人にはピルの処方をしないクリニックや、本数に関わらず喫煙習慣がある人には処方しないクリニックもあります。
喫煙習慣のある人は、このリスクをよく理解して、安易に通販などで入手しないようにしましょう。
ピルを服用していて、ふくらはぎの痛みやむくみ、手足のしびれ、胸の痛みなどの症状がある場合には、服用を中止して、処方してもらったクリニックを受診しましょう。
強い痛みや症状が出た場合には、ただちに医療機関を受診してください。
若年女性の血栓症リスクを1とすると、ピルユーザーは3~5、妊婦は12で、妊娠したときのリスクの半分以下です。
喫煙習慣がなく、健康状態に問題がない場合には血栓症を恐れる必要はありませんが、定期的に検診を受けると安心です。

サイト内検索
アーカイブ